aVin -アヴァン- 南仏ワインの輸入、販売 ローヌ&プロヴァンス Rhone&Provence

コートデュローヌ ルージュ"リューディ クラヴァン"2013 Cotes du Rhone rouge "lieu-dit Clavin" D1213

2,350円(税込2,538円)

購入数
lots of licorice, crushed rock-like minerality and darker fruits, terrific Cotes du Rhones.

Cotes du Rhone rouge "lieu-dit Clavin"2013 (コートデュローヌ ルージュ"リューディ クラヴァン")

生産者:Domaine de la Vieille Julienne(ヴィエイユ ジュリアン)

地域:フランス/南ローヌ/コートデュローヌ

AOC:コートデュローヌ

品種:グルナッシュ80%、シラー10%、ムールヴェドル、サンソー10%

タイプ:赤

容量:750ml

平均樹齢:60年

アルコール度数:13.5%

飲み頃温度:14℃

飲み頃:4〜8年(2016年現在)

農法:畑面積4.5ヘクタール、剪定方法:シラー種は、ゴブレット式とギヨ式。 植栽密度: 3,500〜5,000本/ha
銅と硫黄を使用したビオディナミ栽培

生産本数:16,000本

収量:26hl/ha

SO2量:40mg/l

テイスティング:

マリアージュ:
The Cotes-du-Rhone is a great exemple of property's style, made of smoothness and power. Produced on fairly stony, aired and deep soils, it is dominated by our olds Grenache, in a place called "Clavin". According to the year the "Clavin" is supplemented by 20 to 30% by Syrah and Old Mourvedre. Like the Chateuaneuf du Pape, after an entirely by hand done harvest, and two sortings(the first in the parcelle and the second in the cellar), only healthy and ripes grapes are vinified without any external contribution(sulfit, tartaric acid..) and exclusively with indigenous yeast. The temperature is controlled during fermentation, over-extraction is not required, At the end of the fermentation, draining is done, by gravity,directly in the "foudre",in wich, after malolactic fermentation the elevation will continue during one year. After a single sulfiting, the wines will be bottled without fining or filtration. The Cotes du Rhone initiates ideally to the style of our estate.

Jean-Paul Daumen

テロワール、土壌:
中新世(約2300〜500万年前)に形成された沖積層。高台にある土壌は、石灰質である。

収穫、醸造:
成熟が早い。ブドウは手摘み。2回の選果。除梗。 自然酵母使用。温度管理。
発酵期間:デメター(シュタイナー提唱のビオダイナミック農法の認証)基準のもと、19日間。
貯蔵: 2,200Lと5,200Lの樽で1年間。
瓶詰時に清澄とろ過はなし、SO2添加は一回のみ。

気候、天候:
2013年の春は例年にないほど寒く、雨が多かったため、結実が何週間も遅れました。不安定な天候が開花を邪魔したため、グルナッシュの果房の多くを失う結果となったのです。夏は気象条件に恵まれたものの、春の損失をカバーするには至りませんでした。

パーカーポイント
89点:I reviewed the 2013 Cotes du Rhone Lieu Dit Clavin from bottle last year, but I tasted it again this go around as well. Showing more tannin and structure than I remember, with lots of licorice, crushed rock-like minerality and darker fruit, it needs another year or two in bottle. There's a rustic edge to the tannin, so don't push the aging curve too much. There are not many wines I’d rather have in my cellar than the Chateauneuf du Papes from Jean-Paul Daumen’s Domaine de La Vieille Julienne. Located in the northern part of the appellation, in a cool, mostly sandy terroir, the estate can make up to three Chateauneuf du Papes in a vintage and up to two terrific Cotes du Rhones. I’ve also include the estate’s negociant line, which are released under the Daumen label. 飲み頃:2015-2018 RGCR04513

91点 ジョッシュ・レイノルズ Vinousmedia.com 2016年6月
「明るいルビー色。ブラックベリー、チェリーリキュールのスモーキーな香りは、空気に触れるとラベンダーや香辛料のアロマへと変化する。赤や青の果実やスパイスケーキのような刺激的な味わいが、栓を抜いた瞬間から、しなやかで円やかな味わいへと変化する。重厚な味わいは、タンニンの軽やかさと一緒になることで、みずみずさを増す。この年のリューディ クラヴァンは、力強さ、深み、そしてヴィンテージワインとしての素質において、他のシャトーヌフ・デュ・パプのワインの中で群を抜いている。」
91P - Vinousmedia.com v/Josh Raynolds juni 2016:
"Vivid ruby. Smoke- accented blackberry and cherry liqueur aromas pick up lavender and Indian spice nuances with air. Supple and broad on the palate, offering intense red and blue fruit and spicecake flavors that turn livelier as the wine opens up. Excellent clarity and solid thrust on a juicy, expansive, very persistent finish framed by supple, even tannins. This bottling always punches way above it weight and can stand up to plenty of Châteauneufs in terms of power, complexity and ageworthiness."

おすすめ商品